2018年4月3日

78号 ねりま九条の会ニュース 2018年4月号 P1

〝奢れる者 久しからず〞 

比嘉 高( ねりま九条の会 世話人)

八五歳ともなると耳が遠くなるが、却って小さな低周波の音が遠くから聞こえてくることがある。近頃はときに「祇園精舎の鐘の声…盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず」が聞こえてくる。おごれる人は、安倍一強といわれる現政権であることは言う
までもありません。

 聞こえて来ることは、
①安倍周辺スキャンダラスな腐臭
②政権全体の堕落
③アベノミックスの欺瞞
④地球儀俯瞰外交の破綻
⑤〝国難〞の招来
⑥虚構の上に築く憲法改悪と軍備拡大
…などであるが、紙数の都合でその一部に触れてみたい。

 ①森友・加計学園は同根だが、お友だち加計氏は徹底的に声も姿も隠されているが何故か。 
 森友お友だちは飼い犬に手を噛まれたとして八ヵ月も牢屋入りで接見も許されないのは何故か。 
 安倍夫人がいろいろ大活躍していたようだが、何もしていないと強弁するのはどんなものか。
 佐川氏は他のことは証言拒否なのに安倍夫妻は全く無関係と断言できるのは何故か。
 安倍夫人付き秘書の谷さんはノンキャリア通産職員なのにイタリア大使館の一等書記官に、事件の最中に逃がして貰えたのは何故か。
 丸川自民党議員の「…ありませんね」質問はちょっと変だな。
 佐川氏は適材適所で国税庁長官にしたのに、すべて佐川がやったということで責任を部下に負いかぶせて平然と威張っている大臣がいられるのも不思議。
 公文書を大改ざんするという前代未聞の犯罪的行為までやってしまったのはなぜか。│いろいろ腐臭が漂ってきます。

 ②安倍政権の閣僚や政府高官の暴言や放言が頻発し、聞いている方も恥ずかしい思いがする。辞めれば済むことではない。その発生原因が問題だ。それは安倍政権構
成メンバーのレベルの低さと、政権中枢の傲慢不遜によると思う。

 ③黒田氏を日銀総裁に再任して、アベノミックスの金融政策を継続するようだが、借金財政の積み重ねで国家財政は破綻の危険があるにもかかわらず、継続するのは犯罪的だと思う。

 ④地球儀俯瞰外交とは要するに、嫌いな中国を封じ込める作戦だが、朝鮮半島情勢では安倍が封じ込められている。

 │おごれる者久しからず│と聞こえてくることが空耳でないことを願っている。